技能検定試験問題の使用について

 ファイナンシャル・プランニング技能検定(以下「FP技能検定」といいます)の試験問題を使用する際は、利用許諾申請をお願いいたします(私的使用のための複製等法律で認められる場合を除きます)。
 この利用許諾は、反社会的勢力などの試験問題の使用にふさわしくない団体による使用を排除するなど、著作権者として試験問題の適正な利用を促すために実施するものです。
 なお、過去に著作権フリーとお伝えして、2017年9月より前のFP技能検定の試験問題をご利用いただいている方につきましても、今後新たにご利用いただく際には利用許諾申請が必要となりますのでご注意ください。

利用許諾が必要となる場合について

 FP技能検定の試験問題を使用する際は、下記の利用者区分に従い、利用許諾申請をお願いいたします(私的使用のための複製等法律で認められる場合を除きます)。
 なお、特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(以下「当協会」といいます)の会員及び一般社団法人金融財政事情研究会(以下「金融財政事情研究会」といいます)のファイナンシャル・プラン二ング技能士センター(以下「FP技能士センター」といいます)の会員は、2級FP技能検定学科試験及び3級FP技能検定学科試験については、許諾申請の必要なく試験問題をご利用いただけます。

利用者区分 利用する試験問題 許諾の要否 許諾申請先
当協会の会員
(個人会員及び
法人賛助会員)
2級FP技能検定学科試験
3級FP技能検定学科試験
不要
当協会実施分(*1)
金融財政事情研究会実施分(*2) 金融財政事情研究会
金融財政事情研究会
FP技能士センターの会員
2級FP技能検定学科試験
3級FP技能検定学科試験
不要
金融財政事情研究会実施分(*2)
当協会実施分(*1) 当協会
上記会員に
該当しない
2級FP技能検定学科試験
3級FP技能検定学科試験
当協会又は
金融財政事情研究会
当協会実施分 当協会
金融財政事情研究会実施分 金融財政事情研究会
  • (*1)1級FP技能検定実技試験(資産設計提案業務)、2級FP技能検定実技試験(資産設計提案業務)、3級FP技能検定実技試験(資産設計提案業務)。
  • (*2)1級FP技能検定学科試験、1級FP技能検定実技試験(資産相談業務)、2級FP技能検定実技試験(個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務)、3級FP技能検定実技試験(個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務)


利用許諾時の条件・申請方法について

利用許諾の条件

FP技能検定の試験問題の利用許諾条件(PDF形式/186KB)

利用許諾の申請方法

  • (1)

    当協会への申請方法
     申請書をダウンロードのうえ必要事項をご記入いただき PDF形式に変換し、電子メールで下記宛に送付してください。当協会で確認し、掲載利用を許可する場合は、後日(1週間程度)利用許諾書を電子メールにて返送します。
    FP技能検定の試験問題の利用申請書(Word形式/45KB)
    メール送付先:exam-plan@jafp.or.jp

  • (2)

    金融財政事情研究会への申請方法
     金融財政事情研究会の利用許諾が必要な場合は、金融財政事情研究会(03-3358-8485)にお問い合わせください。

利用許諾申請に関するQ&A(PDF形式/119KB)

PDF形式のファイルをご覧いただくにはお使いのパソコンにAdobeR ReaderRがインストールされている必要があります。ご確認のうえ、ダウンロードしてください。

上へ