ファミリー

アベック

 

Q

2019年10月1日以降に搭乗予定の国内線航空券の代金を9月30日までに支払う場合、適用される消費税率は次のどれでしょうか。

 
 

5%

 

8%

 

10%

 

正解は2でした

 

解説

 2019年10月から消費税率は8%から10%となりますが、2019年9月30日までに領収されている航空機等に係る旅客運賃については、税率8%が適用されます。
 なお、国際線の旅客運賃は消費税法第7条により、消費税は原則課税されません。

FPからのメッセージ

 消費税法施行令の一部を改正する政令によると、航空機に係る旅客運賃の他に、以下の料金についても9月30日までに支払う場合には、消費税の税率は8%が適用されます。
 1.汽車、電車、乗合自動車、船舶に係る旅客運賃
 2.映画、演劇、演芸、音楽、スポーツ又は見せ物を不特定かつ多数の者に見せ、又は聴かせる場所への入場料金
 3.競馬場、競輪場、小型自動車競走場又はモーターボート競走場への入場料金
 4.美術館、遊園地、動物園、博覧会の会場その他不特定かつ多数の者が入場する施設又は場所でこれらに類するものへの入場料金
 消費税の税率については、変更時期前後の一定の取引には旧税率が適用される経過措置があり、9月30日までに支払うとお得なケースがあります。

 
くらしに役立つマネークイズ

もっとチャレンジしてみよう!

年齢やライフステージに応じたお金の知識をクイズ形式で学べます。あなたに合ったコースを選択して、挑戦してみましょう。
さあ、いくつ正解できるかな?